2016年3月アーカイブ

その国の社会制度を円滑に維持し運営するために、
国民から徴収される税金はとても大切な財源です。

税金には様々な種類があります。

例えば、所得税や住民税(都道府県民税や市町村民税)などです。
サラリーマンなどの給与所得者は、それらの税金が給料から天引きされる
(源泉徴収される)ので、通常は自分で税務署に申告して納税する必要はありません。

また、いわゆるパート労働者やフリーターの場合も同様です。
ただし、勤め先でこれらの税金が源泉徴収されていない場合には、
自分で税務署に行き、確定申告をして、所得税を納める必要があります。

2か所以上から所得がある人も同様です。

そして、この方法で所得税を納めた人の場合は、
所得に関する情報が税務署から自分の住む自治体(市役所など)に通知されるので、
住民税や国民健康保険料などはそちらから来る指示に従って納めることになります。

また、企業に勤めている人は厚生年金の保険料も給与から天引きされますが、
そうでない人の場合は国民年金の保険料を納める義務が生じます。

20歳以上の人であれば、学生でもこの義務が生じます。

ただし、低所得者に対してはその免除や納付猶予などの措置があるので、
自治体や日本年金機構などに問い合わせると良いでしょう。

フリーターのデメリットは、多くの場合が将来に関係するものです。

正社員として会社に勤める事と比べて自由ではありますが、
その分、社会の信用を失っています。

まず、自宅を買う事は非常に難しいと言えるでしょう。
フリーターでは仕事が安定しないと判断されるため、
不動産会社からはあまり良い扱いを受けません。

状況次第では、アパートやマンションの賃貸ですら、
安定して契約することが出来ない事もあります。

また、クレジットカードの審査も通りにくいと言えます。
特に、キャッシング機能を付ける場合が厳しく、
相応の収入があることを前提にされてしまうでしょう。
そして、それはフリーターにはとても難しい条件です。

ですがキャッシングは別です。
例えば大手のアコムですが一定の収入があればOKだそうです。
という事はアルバイトなどでも借りることが可能ということです。

それではアコムはキャッシングしてもバレない?についてですが、
何とバレないですむ方法があるそうです。
これならフリーターでも安心して借りることが可能ですね。

将来の不安も尽きる事はありません。
フリーターを続けている人の中には、
夢のために仕事量を調整したいと考えている場合もあります。

しかし、夢を掴める人は極僅かです。
上手くいかなかった場合の線引きをしっかりと設定しなければ、
正社員になる機会を逃してしまうでしょう。

フリーターを続ければ、それだけ将来の安定性を失う事に繋がります。
しかし、それでも続ける価値があれば、
フリーターのデメリットは将来のメリットに変わります。

それをしっかりと見極めて、
本当に必要なフリーターライフを過ごす事が重要なのです。

フリーターをしている人は、フリーターがやめられない、
なかなか定職につけないとよく言いますが、それには理由があったのです。
フリーターであることにはメリットがあるので見てみましょう。

フリーターのメリット、それは自由であることです。
アルバイトですから、責任もそれほどありませんし、
自由にやめることも、働くこともできるのです。

シフト制になっているところが大半ですから
自分の都合に合わせて働き方を選ぶことができます。
フリーターだからこそ、海外旅行に長期で出かけることもできるのかもしれません。

aircraft.jpg

そして単発で大きな仕事を受けることができるというメリットもあります。
単発でたまに大きな仕事、つまりお金のいい仕事が入ってくることもあるのですが、
それを受けることができるのもフリーターだからですよね。

フリーターならではのメリットといえるかもしれませんね。
自分の好きな仕事を自由に選んで、都合に合わせて働けるというのは
自由気ままでいいですね。

正社員でどこかの会社に勤めればそれもできませんから、
そういった面で考えるとフリーターであることのメリットは色々と有り、
精神的な解放もあるかもしれません。どこにもとらわれないメリットです。

ただしフリーターは正社員と違い一定の収入がないので、
お金の面で困ることがあるかもしれません。

そんな時キャッシングを利用することが出来るのですが、
在籍確認なしでローン組みたいという人もいるでしょう。

そんな時はやはりこのサイトを見て参考にしてみることをオススメします。

フリーターは住環境によって普段の生活がまったく違ってきます。

まず、実家に住んでいる場合は、お金がなくても食べることには苦労しないので、
働いている時間とその他の時間の割合が五分五分ぐらいの人も珍しくありません。

資格を取る、特定の仕事に就くといった目標のために
勉強をしているというフリーターは、こういった形態の人が多いです。

また、趣味を充実させたいから時間を取りやすいフリーターも含まれます。
前者は、働いていない間は勉強をしていますし、
後者は趣味に時間を使っているのです。

一方、一人暮らしのフリーターは、生活がもっとタイトになります。
というのは、家賃、光熱費、食費といったお金を自分で出さないといけないので、
働く時間とそのほかの時間を五分五分にする、
あるいは働いていない時間をより多くするのは無理だからです。

一つのアルバイトだけでは赤字になってしまうという場合は、
アルバイトの掛け持ちをすることもあります。

ちなみに管理人はキャッシングで30万借りたことがあります。
ですがやはり返済には苦労しましたので、
掛け持ちの方が良かったなと後悔しました。

ですが掛け持ちの場合、アルバイトが休みの日と寝る時間以外は、
常にどこかで働いている状態ということも珍しくありません。

更に、資格を取るための勉強もしている場合だと、
休みの日は勉強でつぶれてしまうので、自由時間はほとんどありません。

フリーターとは、「フリーランス・アルバイター」という和製造語の略です。

フリーランスとは、特定の企業や団体や組織に属していない状態を指す英語です。

また、アルバイターとは「アルバイトをする人」という意味ですが、
この「アルバイト」とはそもそも「働く、労働する」という意味のドイツ語です。

ですから、本来は雇用状態に関わりなく「働く」ことを指す語ですが、
日本では特に非正規の労働に関して用いられます。

したがって、フリーランス・アルバイター、すなわちフリーターとは、
企業などに正規に雇用されてはいない状態で生計を立てている労働者、
非正規雇用者を意味します。

ただし、学生アルバイトには自分の属する学校がありますから、
フリーターとは呼ばれません。

なお、厚生労働省が定めている定義にしたがうと、
フリーターとは、いずれかの学校に在籍していない、
もしくは家庭での家事をしていない15歳から34歳までの人で、
勤め先で「アルバイト」や「パート」と呼ばれている人、
あるいはそのような仕事を希望している人、ということになります。

また、内閣府による定義にしたがうと、
フリーターとは、学生や主婦を除く若者で、
アルバイトやパート(派遣労働も含む)で働いている人、
あるいは働く意志のある人、となります。

ちなみに専業主婦やパートでも借りれるサイトを紹介している
女性の即日キャッシングのためのサイトは女性の強い味方となっています。