フリーターってどういう意味?

| コメント(0) | トラックバック(0)

フリーターとは、「フリーランス・アルバイター」という和製造語の略です。

フリーランスとは、特定の企業や団体や組織に属していない状態を指す英語です。

また、アルバイターとは「アルバイトをする人」という意味ですが、
この「アルバイト」とはそもそも「働く、労働する」という意味のドイツ語です。

ですから、本来は雇用状態に関わりなく「働く」ことを指す語ですが、
日本では特に非正規の労働に関して用いられます。

したがって、フリーランス・アルバイター、すなわちフリーターとは、
企業などに正規に雇用されてはいない状態で生計を立てている労働者、
非正規雇用者を意味します。

ただし、学生アルバイトには自分の属する学校がありますから、
フリーターとは呼ばれません。

なお、厚生労働省が定めている定義にしたがうと、
フリーターとは、いずれかの学校に在籍していない、
もしくは家庭での家事をしていない15歳から34歳までの人で、
勤め先で「アルバイト」や「パート」と呼ばれている人、
あるいはそのような仕事を希望している人、ということになります。

また、内閣府による定義にしたがうと、
フリーターとは、学生や主婦を除く若者で、
アルバイトやパート(派遣労働も含む)で働いている人、
あるいは働く意志のある人、となります。

ちなみに専業主婦やパートでも借りれるサイトを紹介している
女性の即日キャッシングのためのサイトは女性の強い味方となっています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.saudi-us-relations.org/mt-tb.cgi/2

コメントする